2011年2月アーカイブ

22年度2月「 発見王エンジサン! 」のおはなし

園長: すぎもと かずひさ (2011年2月 1日

「発明王エジソン、発明王エジソン、発明王エジソン、・・・・・発見王エンジサン!」というわけで、今年の童心の集いのテーマは「発見王エンジサン(園児さん)」に決定。

 

これには、もちろん理由がある。探索活動が盛んになる低年齢児のころから、こどもたちの生活は発見の連続だ。3歳児きくぐみさんは、いたずらが大好き。小さな胸をわくわくさせながら、「わくわく王エンジサン」になりきって可愛いいたずらを発見してくる。4歳児ふじぐみさんは、秋のころからきつねがブーム。運動会の「こどもひょん」を引き継ぎ「きつねひょん」と命名。いろんなものに化けながら変身願望を満たしつつ、不思議なものやことを発見する。年長のゆりぐみさんは、いろいろ調べて調査するのが大ブーム。保育園のそこかしこや園外保育、ちらっと見聞した興味の対象を見つけると、思考力・想像力を駆使して、ときには図鑑を活用したりしながら仲間と協力して調べ出す。その姿は、「ゆりぐみ調査隊」を名乗るにふさわしい発見に満ちた活き活きとした活動である。

 

午前4時、こどもたちからもらったキーワードをもとに歌をつくる。こどもたちの楽しげな姿に音楽を乗せる。発見のおすそ分けだ。こどもの笑顔とともにおとなの笑顔あり、こどもの成長とともにおとなの成長あり、保育を創造する保育者・保育園でありつづけることの原点を教えられる。

 

※こどもたちが、これから物語をふくらませていきますので、この情報はこどもたちに内緒にお願いします。

 

【お知らせ】

[すべての保護者のみなさんへ]

  • 工事中のこどもたちに少しでもプラスの環境をという思いから、このたび、南部小学校の裏門(西側門)前に、第二園庭を整備しました。今年度は、ゆりぐみさんの運動的なあそび場所として活用したいと考えています。

                 1,25こどもひょん広場 (4).JPG

 

[三室戸保育園の保護者のみなさんへ]

  • 日常業務と年度末業務、新年度準備、これに今年度は三室戸保育園保育室の移動が重なります。これらを円滑に行うためには、計画的かつ工事の進捗状況等に応じて「できるときに少しでも引っ越しする」といった臨機な対策が望まれます。こどもたちの生活に配慮しながら、2月から保育室の移動を行いますので、ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。移動の詳細に関しては、その都度、掲示板にてお知らせいたします。

月別 アーカイブ